So-net無料ブログ作成
検索選択

2PM“GALAXY OF 2PM”フジテレビNEXT独占放送 [テレビ]

フジテレビNEXTで「2PM ARENA TOUR 2016 “GALAXY OF 2PM”」独占放送されました。

ヘッダー.jpg


フジテレビNEXT独占放送


フジテレビNEXTで放送された「2PM ARENA TOUR 2016 “GALAXY OF 2PM”」ご覧になりましたか。

ライブ映像はもちろんのこと、Jun.K(ジュンケイ)さん ニックンさん テギョンさん ウヨンさん ジュノさん チャンソンさん 6人でのインタビューが長く収録されていて楽しかったです。

<放送内容>

ライブ映像 Part1
 想像してみて
 HIGHER
 ミダレテミナ

インタビュー Part1

ライブ映像 Part2
 MC
 TEASER
 SET ME FREE
 Everybody

インタビュー Part2

ライブ映像 Part3
 忘れないで
 SO WONDERFUL
 Shining Star
 My House

インタビュー Part3

ライブ映像 Part4
 I'm your man
 10 out of 10
 Hands Up
 Take Off


折角ですので、日本語字幕を文字に起こしたいと思います。

続きは後半へ



スポンサーリンク









インタビュー Part1


「日本での5thアルバム『GALAXY OF 2PM』のオリコンウィークリーチャート1位を獲得したことについて」

PIC01.jpg

ジュンケイさん(以下JK):
僕たちがオリコンウィークリーチャート1位を獲得できたのは、ファンの皆さんがいなければ成し遂げられないかったことです。

こうやって僕たちが日本でアルバムを出し続けていけるのは、メンバー全員で曲作りをして、そしてファンの皆さんがたくさん愛してくれたからです。

とても感謝しています。

ジュノさん(以下JH):
僕は胸がいっぱいです。ありがとうございます。


「アルバム『GALAXY OF 2PM』のテーマやタイトルに込めた思いを教えてください」

テギョンさん(以下TY):
GALAXY OF 2PMは、僕たちがライブでペンライトを持ったファンの皆さんを見て考えたのですが、GALAXYは銀河という意味じゃないですか。

僕たちがライブするたびに目の前に広がっているファンの皆さんの姿が本当に銀河のように美しくて、今回のこのアルバムのタイトルになりました。

ファンの皆さんのためにタイトルを考えたということもありますが、皆さんとしばらく会えない期間がありますが、銀河を見ながらまた帰ってこれるように道を照らすという意味で出したアルバムです。

とても大きな意味のあるアルバムだと思います。


インタビュー Part2


「今回のステージセットについて」

チャンソンさん(以下CS):
今回のステージは3つの回転するセットがあるので、多様な演出が可能です。

全面LED画面になる場合もあれば、2階建て3階建てのセットにもなります。

これまでのコンサートより、とても活用度が高く、制作に苦労したセットになったと思います。

今回は最後のアリーナ(ツアー)だという気持ちがあったからなのか、すべて100%やりきろうと思っていました。

ですから、演出面で使用する際もセットを最大限に活かした形になっていたと思います。

特に『想像してみて』のオープニングは、このセットが無かったら出来なかったと思います。

とても気持ちよかったし、きれいに作ってくれたスタッフの皆さんに感謝します。


「ムービングステージに乗って歌っている時はどんな気分でしたか」

JK:
本当に飛んでいるようで、ファンの皆さんをすごく近くに感じられました。

あぁ、本当にたくさんの方が来てくださったんだなと、2階や3階のファンの皆さんをよりしっかりと見ることができるのでとても良かったし、この瞬間を忘れないようにと思いました。

そしてより近くに行けるのでとても良かったです。

CS:
移動ステージに乗ってファンの皆さんに手をふったり、一緒に歌ったりして楽しみました。

とても良かったのですが、限られた時間だったので、きちんと全員に思いを届けられているかなあという心残りもありましたが、とても良い時間でした。

ニックンさん(以下NK):
僕たちがライブをしながらタオルとかを投げるじゃないですか。

いつもだと届かない場所まで投げることが出来たのでファンの皆さんも喜んでくれたと思います。


「日本での活動において思い出に残っている場所やエピソードを教えてください」

JK:両国国技館で僕たちが初めてショウケースをしました。

NK:1日に3回やりました。

JK:
僕たちにとっては本当に大きい…意味深く、3回公演をすること自体とても大変だったのですが、僕たちが本当に驚いたことは、本当にたくさんの方々が来てくださったことです。

僕たちは韓国で活動している歌手なのに、あんなにたくさんの日本の方々が来てくださり、とても不思議でもあり、そのくらいK-POPが浸透しているんだなとも思いました。

2PMとしてライブをたくさんやろう!と誓うことになった瞬間でもあります。

そして東京ドームは、本当に忘れられない公演でした。

オープニングでステージに上がり、大勢のお客さんを見て、そのインパクトに圧倒されたのは初めてでした。

「あぁ、2PMはこんなに大きな愛を貰っているんだな。一生懸命頑張って必ず恩返しをしなきゃ」という考えを持つようになったライブでもありますし、東京ドームは忘れることができません。


インタビュー Part3


「自由時間があったら何をしますか」

JK:スイスに行ってみたいです!

ウヨンさん(以下WY):スイス良いですね。

NK:僕はジュノと一緒にスカイダイビングしたいです。

JK:
僕もスカイダイビング。

バンジージャンプは僕できなくて…スイスに行ってスカイダイビング!

PIC02.jpg

JH:バンジージャンプ1回飛んでから行こう。

JK:あ~ダメダメダメ。

CS:テギョンさんは?

TY:僕はですね…。

JK:寝たいでしょう?

CS:自由時間だから寝たいみたいです。スイスで集まってスイスで寝てればいいよ。

TY:
遠くに行くのはツライなあ。

日本ってラーメンの種類が多いですよね。

いろんなラーメンのそれぞれの本場に行って、食べてみたいです。

CS:すごくたくさんあるからあちこち行かないとね。

TY:味噌ラーメンは味噌ラーメンの本場に。

JK:テギョンはひとりでどんな場所に行っても、その都市の名所や文化財を見て何かを学んでいるようです。なので十分に可能だと思います。

WY:僕も(テギョンさんは)難しくないと思います。

TY:時間があればね。


「(ジュンケイさん)スイスに行きたい理由はなんですか」

JK:
2010年から約7年くらい、この話をしていますが、

幼い頃からスイスに…フランダースの犬もそうだけど、スイスには憧れがありました。

インターネットで見た写真が、僕が考えていたイメージとは違ったんです。

僕にはまだ憧れがあるので、スイスでスカイダイビングを必ずしたいです。

NK:本当に綺麗だったよ!(※雑誌の仕事でスイスへ行ってましたよね。)

JK:僕の代わりにニックンさんが行ってきました。本当に綺麗だったそうです。


「日本で行ってみたい場所はどこですか」

NK:
僕は京都。

京都に「仁寺洞(いんさどん※ソウルにある地区)」のような道がありますよね。

TY:き…き…なんでした?あの昔の服を着て歩いてる…二文字(の場所)なんだけど…。

NK:祇園!そこに行ってみたいです。

JH:僕は海が見える露天風呂ツアーがしたいです。

2PM:ツアー?

JH:露天風呂ツアー。日本にある全ての露天風呂ツアー。

WY:水にサッと入って出てくるんじゃないでしょ?

TY:なんでわざわざ?

CS:兄さん(テギョンさん)がラーメン食べるのと一緒だよ。

JH:兄さん(テギョンさん)はなんで?

TY:(ラーメンが)食べたいから。

JH:
俺も(露天風呂ツアーに)行きたいから。

僕は水が好きで、海も好きだから、海が見える露天風呂で。

以前、チャンソンさんとスタッフの皆さんと北海道の雪が降る露天風呂に行ったことがあります。

CS:海が見えたかな?雪だけしか見えなかったよ。

PIC03.jpg

JH:
僕だけ海が見えたみたい。

すごく寒かったんだけど、体はあったかくて、それが忘れられません。

そこにもう一度行ってみたいです。

WY:僕は山の中にある温泉。

TY:サルがこうやって持ってきてくれるの。(サルのまねをするテギョンさん)

WY:その通り!

JH:その温泉も一緒に行きましょう。

JK:日本食の中で寿司が好きなので、大トロも好きだけど…大トロも食べたいけど…

CS:6年間、この話をしています。

JK:大トロがきっかけなんですが、実は水産市場に行ってみたいんです。

TY:早起きして築地行けばいいじゃん。

JK:いやいや、本当の水産市場に行って…

TY:水産市場といえば、築地だって!

JK:新鮮な魚をさばいてくれる水産市場に行きたい。

CS:札幌の時に行こうよ。

TY:明日6時に起きて行っておいでよ。

WY:新鮮な刺身が食べたいってことでしょ。

JK:そうだね。

WY:チャンソンは?

CS:沖縄の石垣島に1~2週間行ってみたいです。

NK:そこにゴルフ場あるでしょう。

CS:勿論、ゴルフ場もあるし。

NK:一緒に行こう。(チャンソンと握手!)

CS:マリンスポーツもすごく多いですし、イルカとかも見られるのかはわかりませんが。

NK:でも、ゴルフ場はあるでしょう?

CS:天気がすごく良くてゴルフ場がすごく多いです。

TY:正直ゴルフのために行くんでしょう。

CS:違います!

WY:本当に(ゴルフ)行きたそうだね。


「メンバーに聞いてみたいと思うこと」

~ テギョンさんへの質問 ~

JK:
テギョンさんはカリスマ性がありながら、どうしてこんなに可愛らしいんですか?

可愛らしくて、愛嬌があって、そんな魅力がありますよね。

男らしいし、野獣らしい野生美を持っているのに。

TY:色々と変幻的なようですが、僕が思うに色々ある中で理由を挙げるとしたら、まず僕の家族で母が愛嬌があるので。

JK:そうですね。

TY:
なので、母の影響をたくさん受けたようです。

そして、僕は幼い頃から一度も自分をカリスマであると思ったことがありません。

そうやって過ごすうちに愛嬌が。

JK:舞台に立ってからカリスマが出てきたみたいですね。もともと愛嬌はあったけど。

TY:いつも愛嬌はあったと思います。

NK:今から思ってください。(テギョンさんは)カリスマです。

JK:(テギョンさんに)カリスマがあるってことね。でも相反する魅力があるよね。何故なら外見は男らしいのに愛嬌があって。

WY:(ニックンさんにむかって、テギョンさんの愛嬌には)ビックリさせられるでしょう。

NK:ビックリさせられます。

JK:でも、もうだいぶ慣れたでしょう。

WY:(テギョンさんが)愛嬌をふりまかなきゃ寂しいじゃない。

JK:寂しいでしょう。じっとしていると怖いです。

~ ジュンケイさんへの質問 ~

TY:ジュンケイさんは色んな種類の曲を書きますが、どこからそんなアイデアが生まれるのですか?

JK:
僕にとって一番重要なのは、どんな状況でもアイデアを落とし込むことが出来ることです。

テーマや状況を無理して考えるよりは、音楽をたくさん聞いたり、映画を見たりします。

たくさんの人と話をしたりすると、色々な話を聞くことになるのですが、普段から聞いたことをメモする習慣があるので、それを見て、こうやったらどうかと挑戦するようになり、結果、色々なジャンルをやることになりました。

~ ニックンさんの趣味 ~

WY:ニックンさんは何故ゴルフが好きなんですか?

JH:それ、俺がチャンソンに言おうと思ったのに…。(※残念がるジュノさん)

WY:運動の魅力ですか?

NK:個人的に運動がすごく好きで、小さい頃からバドミントンやテニスもしたし。

JH:球技は全部得意だよね。

NK:
色々やってみたけど、ゴルフは1人でやるスポーツです。

自分次第でスコアが良かったり悪かったり。

バドミントンの場合は、対戦相手がとても強ければ僕が弱いように見えるし、ペアになったパートナーにスキルがなければ負けてしまう。

だから1人でやるのが良いです。

TY:人のせいにできないから。

NK:そうです。自分1人でやってうまく出来なかったら自分のせいだし、他の人は関係ない。

CS:修練だよ修練!

JK:誰とやってそんな。

NK:いっぱいやってみました。

CS:僕と行きました、僕と。

NK:ウヨンともやってみましたよ。

WY:僕は行ったんですが、僕にはまだ早い気がして、プレイしないまま帰ってしまいました。

NK:でもゴルフはマインドコントロールを鍛えるのに良いんです。

PIC04.jpg

WY:ゴルフは心理治療にすごく役立つと聞いたよ。

NK:そうそう。

TY:それは間違いない。

NK:
そして1打1打がとても重要なので、頭の中でシミュレーションしすぎて混乱したり、ミスする可能性もある。

だから目の前の1打を大切にして次に進もうと考えるスポーツです。

今だけを考えて最善を尽くして…それがゴルフです。

JH:魅力がありますね。

CS:小さい球をちゃんと打てません。

WY:じっとしてるのに?

CS:そうなんです。

NK:ウヨンさんはゴルフをいつ始めますか?

WY:ゴルフ…僕は特に考えてません。なぜかというと…。

JK:(ウヨンは)ドッジボールが似合いそう。

CS:ここでドッジボールが出てくるとは思わなかったよ。

JK:ピョンピョン跳ねるから。

WY:誰かに当てたりとか避けたりとか。

JK:ちょっと素早く動く感じ。サッカーとか似合う。

~ ウヨンさんの趣味 ~

NK:ウヨンさんはLP盤にすごくハマってますが、理由は何ですか?

WY:
LP?良い質問ですね。

僕も知らず知らずにハマっていたようです。

僕が音楽に携わる人間だということもあると思いますが、曲を書いてみると色々なジャンルがあることに気づきますよね。

すると、それらのジャンルの起源が気になるようになりました。

誰がこういうものを最初に始めたか、どこで始めたかを理解していくと、オールドなサウンドを聞くようになっていました。

最近は音楽プレイヤーの機械がたくさんありますよね。

パソコンや携帯で聴くことも多いでしょうが、以前はCD、テープ、更に遡れば、LP盤に辿り着きます。

普通、携帯では音楽を繰り返し再生できますが、LPではそれができません。

自分で直接かけないといけないですし、曲の頭に針を合わせないといけないですし。

NK:終わるときに変えないといけないし。

WY:はい。変えてあげないといけないし、1曲1曲を聴くために注意を払うので、何か音楽をより大切に感じるようになったというか。

NK:パソコンとか携帯では自分が聴きたい音楽をすぐ探せますが。

WY:簡単に探せます。

NK:
僕も最近すごく好きになったんですが、

もし昔の歌をLP盤で聴きたくなったら探さないといけません。

出てこない可能性もあります。

生涯探せないかもしれないけど、それが音楽の魅力。

WY:そうそう。

~ ジュノさんの趣味 ~

CS:趣味について話をしているんだけど、ジュノさんの趣味は何ですか?

NK:ジュノは車のコレクションだよ。

WY:ホントに気になる。一体、趣味は何?

JK:本当にわからない。趣味は何?

NK:猫を育てるのじゃなくて?

JH:ホントひどいよ。

NK:ジュノはカメラとか機械が好きだよ。

CS:昔は機械がすごく好きだったけど。

JK:最近はそんなに関心がないよね。

CS:最近、活気がないよね。

JH:機械もそんなにだし…。

WY:猫とか?

JH:家で猫と一緒にいることが趣味です。家の外に出ない理由だよ。

WY:猫の存在が大きいんだね。

JH:
家には自分がやりたいことがすべて揃ってます。

作業できる空間、音楽を聴ける空間、ホームシアターもあって映画を見たり、運動場…うん?運動場じゃないな。

TY:運動場があるの?

JH:
運動できる器具。

そして少し前にコーヒーメーカーを買ってきて、コーヒーが全然好きじゃないのに、なぜコーヒーメーカーを買ったかっていうと…

朝起きて飲むコーヒーの喜び、果たしてそれは何なのか、僕は未だにそれがわからない。

アメリカーノの苦みが後々甘くなるって…。

CS:あー、知りたかったんだ。それなら買って飲めばいいのに、どうして機械を買うの?

JK:機械欲だ機械欲。機械欲まだあるじゃん。機械でいこう、ジュノ!君の趣味は機械だ。

JH:
僕はだから家でそういうのを見たり、あとは猫用品。

うちの猫たちは力が強くて、おもちゃを買ってあげるとすぐに壊しちゃうんです。

テギョンさんが引っ越し祝いに買ってくれたキャットタワーも1日で壊しちゃいました。

NK:あのキャットタワーが?

TY:その日に壊れたんだ…。

JH:とにかく僕は猫と一緒にいるから家を出ないのです。

JK:猫が自分にとって大きな存在であって。

JH:癒しです。寝るとき、腕の所に来て寝ます。自分でくつろごうと思って買ったベッドは、今はその子のものです。

CS:君が彼らの家に住んでるんだよ。

PIC05.jpg

JH:そんな感じです。僕の趣味は家にあるもの。

~ チャンソンさんの趣味 ~

JH:
じゃあ、1つ聞きます。チャンソンがよく食べるじゃないですか。

嫌いな食べ物は何なのか?食べられない物はある?

PIC06.jpg

CS:何が一番好き?何か一番嫌い?って質問が僕にとってホントに難しいんだよ。

NK:嫌いなものじゃなくてアレルギーとかで食べられないものは?

CS:ないない。

TY:
昔、チャンソンとニューヨークに行ったときにフードトラックで辛い食べ物が売っていたんだ。

ソースを少しかけただけでも辛いのに、韓国人だからって、辛いのをワーって。

で、(一口)食べてすぐさま。ポイ。

WY:チャンソンはなんでカメラが好きなの?写真撮るのがどうして好きなの?

JH:もう一度質問するよ。なんでカメラが好きなの?(※自分で質問したいジュノさん)

CS:
自然な感じを撮りたい欲が湧くんですが、何か撮るとしてもセッティングしてではなく、自然なままで。

光を受けた時にインスピレーションが湧くから。

望遠レンズで遠くから撮るのもそういう理由だよ。

レンズ越しに見るとその人がどういう状態かよくわかるんだ。

WY:感情とかね。

CS:
以前から演技をする時は、人間の感情はどうだろうか?ということを自分なりに深く考えていたんですが、実際に目で見るより、カメラのファインダー越しに見ると、とても純粋に全部見えます。

シャッターを押しながら、瞬間瞬間を切り取るのですが、それがとても面白いです。

NK:シャッターの音がすごく好き。

CS:
シャッターの音は、使い込むと変わります。

最初はカチャカチャだったのが、シャカシャカと良くなります。

そしてレンズにもこだわる。

JH:レンズたくさん買ったでしょう?

CS:そういう感じがします。

~ 最後の挨拶 ~

TY:

PIC07.jpg

僕たち2PMを愛してくださるファンの皆さん、今まで見守ってくださり、とても感謝しています。

『GALAXY OF 2PM』を通して、皆さんにたくさんの事を伝えようとしました。

僕たちがいつも皆さんの事を考えているという事を忘れないでください。

これからも僕たちを愛して応援していただければと思います。

皆さんの愛に恩返しできるように一生懸命頑張ります。


【ジュノさんの直近イベント・スケジュールはこちら】
http://2pmjunho.blog.so-net.ne.jp/2014-07-19-1
junhoevent1.png


スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました